神戸

五色塚古墳

五色塚古墳ガイド!五色塚古墳は、山陽電車と日本国有鉄道の路線建設までは前方部が現在より3倍位の長さの大型古墳でした。「五色塚古墳」の呼称は、明石海峡を挟んで対岸の淡路島西南部の五色浜付近から石を運んで葺かれたことに由来するという説と時間帯で変わる太陽の光によって葺かれた石が異なる色で反射する説のどちらかに由来するといわれています。


遊び〜ば〜神戸神戸の遺跡>五色塚古墳

 五色塚古墳ガイド!

五色塚(千壺古墳

五色塚古墳群の全景

五色塚古墳は、全長が194m、高さは前方部11.5m、後円部18mもあったと言われています。

五色塚古墳は山陽電車と日本国有鉄道の路線建設までは前方部が現在より3倍位の長さで、古墳全体の長さが300m以上にも及ぶ大型古墳です。

「五色塚古墳」の呼称は、明石海峡を挟んで対岸の淡路島西南部の五色浜付近から石を運んで葺かれたことに由来するという説と時間帯で変わる太陽の光によって葺かれた石が異なる色で反射する説のどちらかに由来するといわれています。




五色塚(千壺)古墳の正面

五色塚古墳の表面に使われている石は明石海峡内で採取された物といわれています。

『日本書紀』神功摂政元年春二月の条には
「播磨に詣りて山陵を赤石(明石)に興つ。仍りて船を編みて淡路嶋にわたして、其の嶋の石を運びて造る」という記事があり、これが、五色塚古墳に関する伝承と云われています。

五色塚古墳は瀬戸内海の海上交通の重要地点である明石海峡を望む高台に造られていることから、神戸の西部から隣の明石にかけて相当大きな力を持っていた豪族の墓と考えられています。




現在の五色塚古墳は、1965年(昭和40年)から1975年(昭和50年)の整備事業で造られ、
当時の様子に復元されており、表面にはコブシくらいの大きさの石(葺石 ふきいし)が
223万個が敷き詰められています。

当時は1メートルくらいの高さの筒型の円筒埴輪が2200個ほど並べられていましたが、
現在の五色塚古墳の円筒埴輪は後円部の最上段にのみレプリカを置いているのみとなっています。



五色塚古墳と小壺古墳 五色塚古墳の堀(当時より空堀であったと考えられている)の中には前方部と後円部が接するあたりの東側に1辺20メートル、高さ5メートルの方形、および後円部の東側にも高さ1.5メートルのマウンドがあり、当時は石が葺かれていたそうです。


また、五色塚古墳のすぐ隣には、直径60メートルの円形の「小壷(こつぼ)古墳」(国指定史跡)があり、 五色塚古墳より少し古い時代に造られたと考えられています
(こちらは葺石はされていません)。


当サイトの写真の一部は公式HPよりお借りしています。
また、イベントによっては、事前に予約が必要な場合があります。
内容等が変更されている場合がありますので、詳しい情報は直接お問い合わせください。



五色塚古墳施設詳細

五色塚古墳アクセス駐車場

所在地

兵庫県神戸市垂水区五色山4丁目(地図

アクセス 山陽電鉄霞ヶ丘駅徒歩10分 JR神戸線垂水駅徒歩15分
入場料 無料
営業時間 24h
公式HP なし



遊び〜ば〜神戸神戸の遺跡>五色塚古墳



はてなブックマークに追加

 Enter Tainment  Community  Items